不正は自滅の道に繋がる

オンラインカジノに詐欺やインチキはある?

オンラインカジノは、ネット上で遊べる手軽なギャンブルの一つです。
自宅にあるパソコンでいつでもどこでもギャンブルが楽しめてしまうということもありますが、気になるのがその信頼性の問題です。

日本ではまだまだアングラな存在ということもあり、詐欺やイカサマがあるのではないかと不安視している方も多いです。
オンラインカジノに詐欺やインチキがないかどうかというのは気になる点ですし、このあたりを知っておくことで安心して遊ぶことが出来ます。

そこで、オンラインカジノには詐欺やインチキはあるのでしょうか。
具体的に見ていきましょう。

一部の悪質カジノにのみ詐欺やインチキは存在する

オンラインカジノの詐欺やインチキについですが、これは一部の悪質カジノと呼ばれるようなカジノにのみ存在するといわれています。

世の中には、実は数千ものオンラインカジノのサイトが存在しています。
特にオンラインカジノが登場した当初には、ライセンス制度なども整っておらず、情報なども出揃っていないということもあり悪質カジノは今以上に多かったと言われています。

しかし、現状ではライセンス制度も整っていますし、監査機関の存在もあり外部の監査団体によってオンラインカジノの安全性を証明することも可能となっています。
私達プレイヤーも、情報サイトによって、悪質カジノを見分けることが出来るようになりましたので、その被害も減ってきています。

大きなお金が動くギャンブルであるという事情もあり、オンラインカジノの詐欺サイトは0にはならないのですが、詐欺やイカサマの被害に遭わないように、きちんとサイト選びをすればプレイヤーは安全に遊ぶことが出来るのです。

信頼できるオンラインカジノとライセンス

オンラインカジノの詐欺・インチキは、ライセンスによってある程度見抜くことが出来ます。

優良とされるオンラインカジノは、合法国から正式に政府から許可を受けライセンスが発行された上で運営されています。
いい加減なオンラインカジノにライセンスを発行してしまうと、国・政府の信頼に関わってくるということもあり、厳しい審査が行われることになります。
ライセンスが発行されているということは、国や政府の基準を満たしており、信頼性が高いオンラインカジノであるということが証明されているのです。

国によってライセンスの発行基準は異なるものの、ライセンスがあるかどうかはオンラインカジノを選ぶ上での1つの大きな基準になります。

第三者機関 ソフトウェアについて

オンラインカジノは、オンラインカジノとは全く関係のない独立した監査機関によって、プログラムの公平性やペイアウト率などをチェックされています。
定期的に公平性がチェックされていて、これらは抜き打ちで行われます。
全てペイアウト率などがデータ化されて外部に公表されますし、もしも不正があればその時点でライセンスは剥奪されてしまいます。

「イーコグラ」や「TST」などがオンラインカジノの監査機関として有名な外部の監査機関です。
第三者機関によってしっかりとチェックをされており、問題なしと認定されているオンラインカジノを選べば問題なく遊べると言えます。

また、オンラインカジノの安全性を見極める基準として、使用されているソフトウェアがあります。
ソフトウェアについては、運営会社が開発しているというわけではなく、ソフトウェア会社とライセンス契約を行い、そしてソフトが導入されています。
このソフトウェアのセキュリティが甘ければ、勝率の操作などが出来てしまうことになるので、ソフトウェアをチェックする必要が生じるのです。
オンラインカジノがどこのソフトウェアを採用しているのかという点もチェックすることが実は大切です。

信頼性が高いソフトウェアとして、マイクロゲーミング、プレイテック、ネットエントなどが存在しています。

不正をしなくても儲かる仕組みになっている

優良なオンラインカジノは、このようにライセンスや外部の監査機関からの監査、そしてソフトウェアで判断することが出来ます。
さらに一般的に知名度の高いオンラインカジノは、不正やイカサマなどをすることはありえないと考えられています。
その理由として、オンラインカジノにはハウスエッジがありますので、プレイヤーがオンラインカジノで遊んでくれるだけで、オンラインカジノの運営会社は自動的に儲かる仕組みになっています。

オンラインカジノのライセンスが発行されるまでには厳しい審査が必要となりますし、さらにライセンス料がかかります。
高額なライセンスを支払い、オンラインカジノを運営しているのにも関わらず、不正を行いライセンス失効となるリスクを取ることはありません。

また、知名度のあるオンラインカジノは運営会社も一流ですし、世界中に知られている企業が多いです。
一時的な利益のために、プレイヤーからの信頼を失うようなことをするとは考えにくいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。